2009年7月28日火曜日

エコとプラスアルファ。

 
 
みなさんこんにちは。
最近の北海道は雨が降ったり止んだりで、なかなか夏らしい日が訪れません。
日本は四季がはっきりしている国で、季節ごとの商売が成り立っていますが、今年は夏物の商品が売れなくてあちこちの業界が困っているようです。
私達の業界も、消費の落ち込みとともに建築物の着工数が減っておりますので、状況が良いとは言えませんが、そんな中でもどうにか頑張っております。
 
 
さて、上の写真は何かと言いますと、大きな鋳鉄製ボイラーの窓というか蓋部分です。
レトロな感じで、なかなか赴きがある色合いなので写真に収めてみました。 
 
 
 

これが全体像。
長年働いていた雰囲気が出ていますね!
 
今回、伊達市は市役所庁舎にある油焚きボイラーを、ペレットボイラーへ交換することを決めました。
同じ物を長く使うのもエコですが、より環境負荷の少ないものへと入れ替えるのもエコ。
「エコ」にも色々な考え方があります。
 
 
さて、下の写真は湯沸かし器。
こちらもまたレトロなデザインと色合いでなかなかお洒落。

 
 
アップで撮っても男前です(笑)
 
卓越したプロダクトデザインは、時間が経っても色褪せません。
住宅設備に関わるプロダクトも、以前は機能重視で色気の無いものが多かったのですが、最近は大手メーカーでもデザインにこだわった商品が出てきました。
デザインにこだわるということは、機能的に成熟してきたということだと思います。
 
蛇口や便器などが良い例です。それぞれ「水を出す」、「水を流す」というようにその目的はシンプルで、操作性や節水能力を突き詰めてきました。
操作については、ユニバーサルデザインの採用であったり、便器の節水能力にあっては洗浄水の量が10年前の三分の一までになりました。
 
そして最近は、機能+デザイン性のあるプロダクトが欲しいという要望が増えてきているように思います。
但し、デザイン性はプラスアルファの要素なので、価格もプラスアルファとなる傾向があります。
もちろん、「エコ」もプラスアルファな要素で、多くの場合価格もプラス。
自分がコストを払って、将来に貢献します。
 
それでもプラスアルファを求める方が多いという事は、
「より自分が納得したものを手に入れたい」
という事です。
 
大量生産、大量消費の時代は終わり、消耗品と嗜好品の使い分けが出来てきたのかもしれません。
そしてもちろん、住宅は「嗜好品」です。
よりこだわった住宅を建てるには、プラスアルファのあるプロダクトを手に入れたいはずです。
ですから、我々もプラスアルファ、すなわち「付加価値」のある仕事を目指しています。
 
これからは、というか既に、住宅も「付加価値」がポイント。
着工棟数が伸び悩む中、いかに基本性能を高め、更に付加価値をつけられるかが、お客様に選ばれるポイントだと思います。
 
私達の仕事は、住宅の基本性能を高めるところから始まります。
給排水、暖房、換気。
建築会社や工務店さんがプラスアルファできる家づくりをするため、基本性能の一部をしっかり支えられる技術と知識を更に伸ばして行きたいと考えております。
 
 

2 件のコメント:

  1. Hi, it's a very great blog.
    I could tell how much efforts you've taken on it.
    Keep doing!

    返信削除
  2. To Olive Tree Guitar Ensemble.

    Thank you for the comment.

    I want to update it by effort in the future.

    返信削除